スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅酒造り。

さて、前回の更新から大分時間が経ってしまいました。
いろいろとバタバタしてまして、blogを書く時間が全然ありませんでした。
ume1
話は、チェンライの梅干し村視察に戻します。

梅干し村で、写真に写っている生の梅を貰って帰ってきました。
全部で50kg持ち帰りました。
それを、欲しいという方に原価にて販売しました。

その内5kgを自分の物として取り梅酒を作ることにしました。

umemizu
まず、生梅を綺麗に洗い水につけておきます。
ネットなどを見ると1晩とありますね。
半日くらい浸けておきました。
これはアク抜きの為ですね。

umeheta
アク抜きが終わったら、へたの付いていた部分・・・
写真の黒い部分ですね・・・。ココを爪楊枝などで穿って取ります。

umehetatori
そうそう、こういう風に綺麗に取り除きます。
水に浸けている時間が長いと、このオヘソが簡単に取れます。
今回は、焦って半日しか浸けてないので少し手間取りました。

あまりに甘い梅酒は飲みにくく、個人的にも甘い物がそんなに得意では無いので
お砂糖の量はかなり低めに設定。
umefolk
その為、梅から梅エキスが良く出るように一つ一つフォークで2回突き刺しておきました。
ロビンソンデパートに行ったら衣類を収納する物ですが手頃な物が見つかったので、その入れ物
良く洗ってから使用することに。青臭い臭いが立ち篭めます。

さあ、いよいよ漬け込みです!!
なぜだか早く漬け込みたくて焦ります。

漬け込みに使うのは、
umesatou
氷砂糖(フードランドで購入)

raokao
ラオカオ(40度)です。

*ラオカオは少し臭いがありますが、1年ほど漬け込むと香りは飛んでしまうので気にせず
使います。日本のホワイトリカーは高いですし。。。。

umesatouireru
梅を敷き詰めた上にドバーッと氷砂糖を敷き詰めます。
コレでもかなり砂糖控えめです。たったの2kg。

umewoireru
そして、ラオカオを・・・上から。。

umekanryo
合計で8本入れました。

umehiduke
そして、フタをしてデータを書いて終了。
梅とお酒で約10kg、お砂糖が2kg。
このまま、来年まで毎日眺めて過ごします・・・。笑

ところで、去年初めて梅酒を作ってみたんです。
去年の物はこちら!!
kyonen

去年は、あまり興味も無かったのでちょっとだけ作ってみたんです。
データは・・・・
umekyonen
梅とお酒で2.25kgに対してお砂糖はたったの200g。
そして、ちょうど最近1年が経ったので飲んでみました。

いやー、「サラリとした梅酒」というより「梅の香りがするワイン」という
イメージでロックで飲んでも甘さは殆ど感じません。
甘いのが苦手な僕にはちょうど良い自分用カスタム梅酒が出来ました。

梅酒

グラス
去年の物は量が少ないので、お裾分けすること無く全て自家消費します。
もし、僕の家に遊びに来る人が居ればチョットだけご馳走しようと思っています。
毎日大事に飲んでいます。

さ、さむい。。。

お早うございます!!
しかし、寒い日が続いてますね!!

ondo
ここ2,3日の異常の寒さ。なんなんでしょうか。(写真は昨日の物です。)
こんな涼しいのは初めてです。

普段からバイクで通勤している為、この寒さは本当に厳しいです。
一昨日はT-シャツ1枚で朝出かけたんですが、何度も家に引き返そうと
思いました。なんだかんだで会社まで我慢してしまいましたが。

おかげさまで風邪をひきました。
今朝の気温は測っていませんが、昨日と大して変わらない感じですね。
やっぱりタイは暖かくないとね。

あのぅ。

私事では御座いますが・・・。
日曜日にバムルンラート病院の健康診断に行ってきました。

その、あの。
検査結果が・・・えーと。
コレステロール高過ぎですと・・・釘を刺されました。

たしかに、検査の日の前日夜にお酒のツマミにスルメイカを食べましたが・・・。
調べてみると・・・

スルメイカのコレステロールは100g当り980mgとかなり高濃度で実は、成人男性
が一日に摂取するコレステロールの上限値はなんと・・・750mg未満。
このスルメイカを23時頃に奥さんと一緒に3杯食べたのが原因かと。。。
3杯の総重量は・・・600g程度・・・2人で食べたので1人平均300gとしても
僕は血液検査の10時間前に3,000mg近いコレステロールを摂取したようです。

今後気をつけます。
スルメイカだけのせいではない気もするので、しばらく質素な食生活を
心がけようと思います。

言いつつ昨夜はNOVOTEL Ploenchitのディナービュッフェに行ってきました。
まったく・・・・。

番外編。

次回は梅についてと宣言したのに、番外編として違うネタです。
こんばんは!StaffMです。

実は、知り合いであるエラワンホテルのでイタリア人統括シェフが
来月転勤になると言うことで、彼の送別会をやりました。

行った場所はソイ23に去年オープンした「おとや」です。
「おとや」は「おおとや」と趣向を変えて一軒家風の店舗に
地鶏の焼き鳥とお蕎麦と焼酎が楽しめるお店です。

店内に入ると、目の前に焼き場があります。
otoya
つくねや、手羽先、長いも、ズッキーニの串が焼かれていました。
こういうスタイル結構好きです。東京にある「忠弥」がこんなスタイルです。

おっと、そう言えばイタリア人シェフを紹介しないと。。。
mr.frederik
はい、彼です。
彼との会話は英語です。
僕の英語能力だとかなり厳しいですが、何とか楽しく過ごしました。

彼が一冊の本をくれました。
risotbook
Galloというリゾット米を製造販売している業者の編集で
世界のリゾット101というようなタイトルの本です。

なんと、この本に彼が・・・。
bookinside
超びっくりです。凄いです。
世界地図と共に101のリゾットが紹介されている本なのですが、
タイでは彼一人だけが紹介されています。

ちなみに日本を見てみると、日本も一人でした。
その人は「辻」という人で、恐らく辻料理学校の辻さんだと思われます。
そんな人と彼が肩を並べているのを見ると凄い人なんだなと改めて思いました。

tukune
その彼と、焼酎を飲みながら焼き鳥をたべて・・・
これ、レバーなんですけど、凄いコッテリ。
口に入れて少しかんだ瞬間とろりとトロける焼き加減と良い素材。
「おとや」に行ったら絶対食べてほしい一品です。

soba
蕎麦を食べました。

お店の隅っこに蕎麦打ちコーナーがあるのですが、彼と一緒に蕎麦の水回しから
蕎麦が出来上がるまでをじっくりと見学しました。15分くらいでしょうか。。。

彼の感想は。。。。
「蕎麦はパスタの様に引っ張ったり、手で伸ばしたりしないんだな・・・」
「実に興味深い。」
「I love soba♡」


と言っていました。
それと、焼き鳥にかけて食べる京都祇園の「黒七味」がとても気に入ったみたい。
蕎麦を食べて、そば湯を飲んで、焼酎のお湯割りをのんで。

「アジアの食事は非常に刺激的で、とても美味しい。」と言っていました。

最後に蕎麦ぜんざいなる物をオーダー。
sobazenzai
「そばがきのお汁粉」と言ったところでしょうか。
蕎麦を丸めた物が白玉の代わりに入っているのですが、ぬるぬるしてイマイチです。
これは、あまり好きじゃ無いなー。

sign
最後に、彼が本の1ページ目にサインとメッセージを書いてくれました。

今月中にエラワンホテルのイタリアン「SPASSO」に行けば、世界の101の中に
選ばれたリゾットが食べられますよ!!

メーサロンのレストラン。

さて、ルアムチャイ村を出て車に揺られること約30分。

ドーイ・メーサロン・・・山の中なのにいきなり視界が開けて
セブンイレブンが目に付きます。白人の観光客もかなり多く、ゲスト
ハウスの英語の看板が目立ちますし、漢字で書かれた標語のような物も
見え非常にミックスされた微妙な雰囲気です。

きっと、観光客はこの山の中で自然を満喫するのでしょう。。。。
お茶を飲んで、山を見て・・・お茶を飲んで、ご飯を食べて。。。
自分だったらどう観光するかなぁ・・・等と考えてみたり。

そして、ドーイ・メーサロンの観光の中心地を抜けて少し外れた場所に
そのレストランはありました。

どーん!
measalonv
メーサロン・ビラという名前です。
どーん!と言うほど凄くないです。笑
お店の前には、民族衣装を着た少女が手製のミサンガ等を
販売してました。

measalonv2
めっちゃ中華風です。

2階に通されてしばらくすると料理が運ばれてきました。
コレは、タイ料理では無くて完全に中華料理です。
かなりの量が運ばれてきました。

では、ここからは趣向を変えて不味かった順に紹介します。
(いや、けっして不味かったわけじゃないです。美味しかった順より面白いかなと・・・)

第9位
mabo
マーボー豆腐。
辛さもちょうど良く、そのまんまマーボー豆腐。
食べ慣れた味。

第8位
hourensou
ほうれん草の炒め物。
バンコクで安く手に入るあまり味の無いほうれん草では無くて、しっかりと
味のする柔らかいほうれん草でした。美味しかったです。

第7位
yakisoba
焼きそば。
カレーが好きなのでカレー味を期待しましたが、普通に塩味でした。
黄色い色はただ単に黄色い卵麺を使用している為でした。
調理が上手いですね。強い火力でさっと手早く炒めてる感じです。

第6位
kaiyasai
春巻きのような物。
中にはしっかりと豚挽肉が入っていました。
彼らは、カイヤッサイと呼んでましたが、バンコクで食べれるカイヤッサイとは
全く違う料理でした。どちらかというとホイ・ジョーに近い感じです。
外側がカリっとしてて美味しかったです。
甘いタレをつけて食べる辺り、ポーピアやトートマン系と同類な感じです。

第5位
butabara
豚の三枚肉を薄味に八角で煮込んだもの。
いわゆるトンポーロー的な料理。
肉はかなり軟らかく、薄切り三枚肉の下にはぎっしりと高菜漬けが入って
いました。この高菜がご飯とマッチして美味しかったです。

kaodoi
ご飯はカオ・ドーイという山の斜面で育てるお米で。
結構日本米に近い食感です。粘り気は日本米より有りません。

第4位
soup
薬膳スープ。
真ん中に有る物は肉の骨か何かと思って突っついてみましたが、これは
よく有るタイスキ鍋のように熱の通り道になっている部分でした。

suopnakami
鍋の底をさらいつつお椀に取ってみると、所謂「ガイ・ダム」の骨付き肉が
出てきました。烏骨鶏?でしょうか。ルアムチャイ村の手作り料理でも良く出てきます。
黒い地鶏です。肉の弾力が強く美味しいです。
スープはかなり薄味で、鳥から出るダシを活かしたスープでした。

第3位
kinokoitame
キノコの炒め物。
キノコがいかにもさっき採ってきましたという感じの強い香り。
味付けも薄い醤油味で、しっかりとキノコの香りを楽しめるような味付け。
食感もつるっとしてて肉厚でかなり美味。

第2位
sakanaryouri
プラー・タプティムの揚げあんかけ。
山の上なので、淡水魚の料理です。
脂があって、でも臭みが少なくて、ほっこりとした身質。
味付けは、甘酢では無くてタオ・チヤオ(大豆ソース)だと思います。
皮の部分が香ばしく揚がっていました。

栄えある第1位!!
じゃん!!
tonsoku
トロトロ豚足の煮込み。
これ、めちゃくちゃ美味しかったです。コラーゲンがトロトロ!
味付けは甘めの醤油味です。オイスターソースも入ってそう。
ほんの少し八角も感じます。刻みネギもバッチリ合います。

コレを少し切り取って・・・
manto
満頭に挟んで食べます。
マントウを食べる事になるとは・・・・。

*ほうれん草の炒め物が自分より遠くに置かれた為、ズームして写真を撮ったのですが
手前に1位で紹介するはずの豚足が写っていてネタバレしてますね。


さあ、如何でしたでしょうか?
今晩のおかず決まりましたか?笑

僕は、カオ・カー・ムーの美味しいヤツが食べたくなりました!
プラトゥーナームですかね・・・。カオ・カー・ムーと言えば。
噂ではオーバンティーン入りというカオ・カー・ムー。
味は濃いですが、美味しいです。

次回は梅についてです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。