スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジのゴマダレ♪

仕事で週2回、鮮魚の仕入れを行っているのですが、昨日はたまたまアジが余ったので
これで何か美味しい物を作ってやろうじゃないの!と意気込んでみました。

aji
これは、タイの海で獲れたタイのアジです。(撮影*Nikon D60)
このアジ・・・タイ語で「プラー・シー・コン」と言います。
「プラー・トゥー」とか「プラー・シー・コン・トーン」とか、とにかく似たような魚が沢山いて
間違った種類を買うとお刺身にしても匂いがあって不味かったりします。
似たような奴が多いので買う際には注意が必要です。

さあ、では下ろします!
包丁は、去年築地の場内で買った「有次(ありつぐ)」の柳葉包丁を使いました。
普通は鯵切りを使うのでしょうが、どうも柳葉包丁に慣れてしまっているのでコレで切ります。
大体8,000円位で買えます。

ajikiri
まずは、頭をズバッと落とします。(撮影*Nikon D60)

aji senaka
その後、背中から中骨を感じながらすぅ~っと包丁を入れていきます。(撮影*Nikon D60)
この調子で、3枚に下ろします。
何回も「のこぎり」の様に包丁を動かすのではなく、一太刀で切るイメージで。

aji hiraki
内臓は捨てます。(撮影*Nikon D60)
たまに卵が入ってたりしますが、美味しい調理法を知らないので捨てます。

aji kawa
腹骨をえぐる様にして取り除いてから、皮と肉を切り離します。(撮影*Nikon D60)
この皮を剥がす作業は素手で引っ張ってもある程度上手くいきます。
仕上がりは綺麗ではありませんが・・・。


aji nakabone
残った中骨です。(撮影*Nikon D60)
向こう側が透けるほど骨に沿って切るのが愉しみです。
試しにウチのニャンコに差し出してみましたが、すこし匂いを嗅いだだけで去っていきました。
漫画のようには行きません。

aji honetori
身の真ん中に骨が通っているので、その骨を取り除く為に骨の通っている部分を
切り落とします。(撮影*Nikon D60)

aji osara
最終的に、この位細長い切り身になります。(撮影*Nikon D60)
100%骨なしの状態です。

*このレベルに切れるようになるまで6年位かかりました。
僕は、もともと日本ではSEでしたので魚を下ろせるようになるのには、長い時間が必要でした。
と言っても、「鯵の開き」を毎日作っているうちに自然と身についた技です。


さて、ゴマダレにうつります。
goma
当たり鉢に黒ゴマを入れてスリコギで細かくなるまで擂ります。(撮影*Nikon D60)

goma mayo
擂り終ったところに、「わさび」、「めんつゆ」、「マヨネーズ」を入れて混ぜ合わせます。(撮影*Nikon D60)

goma maze(撮影*Nikon D60)
そこに、みりんを少しずつ味を見ながら「少し甘めかなぁ・・・」と感じる程度に入れて行きます。
わさびは辛さを感じるまで入れずに香りを楽しむ程度が良いです。
各分量は適当です。味を見ながら足していきます。男の料理ですから!(キラリ)
*「めんつゆ」が甘いタイプの場合はみりんは入れないほうが良いかもしれません。

aji komakaku
先ほど、下ろした鯵をゴマダレが絡みやすいように小さ目に切り・・・(撮影*Nikon D60)

aji mix
その鯵をゴマダレの入ったあたり鉢に入れてよく絡めて出来上がり!!(撮影*Nikon D60)

aji kanryo
どうですか?(撮影*Nikon D60)

aji gohan
おいしそうでしょ!!  美味しいです。(撮影*Sony DSC-TX7)
自分で鯵が切れるとタイでもこんなに新鮮な鯵のお刺身が食べられます。
(鯵の鮮度は、魚体の張りや輝きで見た目でもわかりますが、目が充血している物や、触った感じで魚体が
柔らかい物は間違いなく鮮度落ちです。スーパーなどで鯵を買う際の参考にしてくださいね。)


ochaduke
そして、余った鯵のゴマダレは今朝「お茶漬け」にして頂きました。(撮影*Nikon D60)
昨夜よりも味が染み込んでいて激ウマでした!
朝から最高!今日も一日がんばるぞー!(笑)
スポンサーサイト

ふにゅ~。

こんにちは!StaffMです。
このタイトルなんだと思います?!
はい、そうです。

「腐乳」です。

実は、肩を痛めまして。
寝て起きたら肩が痛い・・・四十肩?
いやいや、まだ40にはなっていない!
寝ている時も唸ってしまう程に最近痛くなってきた。

今週の月曜日から痛いんです。
そういえば日曜日には、ソフトボールの試合に出かけた・・・。
でも、左肩。ソフトボールでは右肩しか使っていない。
ということで、病院に行く事に。
結局筋肉が炎症を起こしていると言われ、注射を打って薬をもらって終了。

病院の帰りにSoi 5のFOODLANDに立ち寄りました。
ふと、そういえば・・・あの腐乳が食べたい!
と思いついてしまい購入しました。

funyulabel
コレです。腐乳は今まで色々買ってみましたが、コレが一番おいしいです。(撮影*Nikon D60)
少しピリ辛なニクイやつです。(*中国産)

funyuup
フタを開けてみると、いかにも塩辛そーな濃い香り。(撮影*Nikon D60)
以前はもう少しトロっとしていた気がします。
なんかお豆腐が硬くなりました。(価格 69 baht)
カッテージチーズを四角く固めたような食感です。

それで、コレをどうやって食べるかといいいますと。。。。

soba
そうです。(撮影*Nikon D60)
なんと!おそばとあわせて食べるんです。
麺つゆは、もちろん「サイトウフーズの麺つゆ」を使っています。
この麺つゆの中に、腐乳を入れてお箸で崩しながらお蕎麦と一緒に頂きます。

funnyu
ずーっと腐乳では飽きるので柚子胡椒でも頂きます。(撮影*Nikon D60)
一番右の入れ物に薄めた麺つゆが入っています。
この容器はアルミ製で500mlの液体が入るのですが、実はワイン用です。
ギリシャでレストランに行くとワインを頼んだ際にかなりの確率でこの容器で
出てきます。我が家では麺つゆを入れたりしてます。笑

sobafunyu
という訳で、腐乳とお蕎麦はめっちゃ合います。お試しください。(撮影*Nikon D60)
*ちなみに、お蕎麦は乾麺です。

我が家の非常食。(過去)

hijoushoku
タイトル通り我が家の非常食。(撮影*Nikon D60)
しかし、これは過去の写真であり現在はほとんど残っていません。
という事は・・・我が家・・・非常事態だったのでしょうか?(自問)
前回3年ぶりに日本に帰国して個人的に買って来ました。

では、個別にインプレッションをば。

緑のたぬき ☆☆☆☆
安定路線をひた走るインスタントなタヌキそば。
ワタクシこれ大好き!(Love)
しかし「サクサク後乗せ!」は邪道であります。
しっかりと、最初に入れて「デロデロ先入れ!」が基本です。
旨すぎる。

くじら軒塩 
うーむ・・・このストレート細めんは苦手。
塩味もサッパリし過ぎでしかも魚貝ダシ。魚貝ダシは駄目だ。
K-Villageの「山○」に行った時もまったく受け付けなかった。
なんだろうか、あのすっぱさは。

カップヌードル PIZZAマルガリータ ☆☆
なにより、スパゲティーの味ををカップラーメンで再現しようというチャレンジ精神が凄い。
しかし、チリトマト風味にチーズを足しました的な味付けでイマイチなインパクト。
チリトマトが好きなだけに評価はそれなりにつけました。

塩 やきそば ☆☆☆
えーと、これはあっさり塩味なのですが、うちの奥さんが勝手に鰹節を
足してしまった為、もともとの味が分からない状態に。
鰹節をなぜ足したのか聞いてみると。。。。
「なんとなく、足してみた」というそのままなコメント。
でも、美味しかったので☆3つ。

すみれ 札幌濃厚味噌 ☆☆☆☆
なんといっても黄色の太麺は弱ちぢれ麺で工夫されている感じがして良い。
スープも濃厚で、油もちらほらと浮いていてインスタントなのに本格派。
美味しい。

他の物はまだ食べてません。
カップヌードル BIG ブタリアンは期待大。
そして、ポテロング・・・食べるのが勿体無くて放置中。

noodle

スルメイカのイカワタパスタ。

今、売り出し中のスルメイカとアサリを使って調理開始!

アサリは、海に買出しに行った際にいい物があったので2kg買って来ました。
(奥さんとの2人で食べるのですが2kgくらいペロリと行きます。)

まずは、よく砂を吐かせたアサリを刻みニンニクと日本酒で酒蒸しにします。
う~ん・・・いいニオイ。

asari
2kgのうち1kgは酒蒸しで頂くとして、残り半分をパスタ用にしました。(撮影*Nikon D60)

surumemini
次に凍ったままのスルメイカを輪切りにザクザクと切ります。(撮影*BlackBerry Bold 9700)
一本細い骨があるのでこの際取り除きましょう。
足も目も関係なしに輪切りに。

輪切りにしたスルメイカとアサリの酒蒸しをオリーブオイルを少々ひいた
フライパンに移動して一緒に炒めます。

ikawata
*ワタがイカからこんなに出てきます。* (撮影*Power ShotA20)

この時、スルメイカのワタがアサリとよく絡むように混ぜながら炒めます。

炒めている最中にパスタを茹で始めます。
茹でる際にはオリーブオイルと食塩も入れておきます。

*ちなみに管理人・・・
パスタは普通のスパゲッティを使用します。
エンジェルヘアーなどの細いパスタはあまり好きではありません。
京風ラーメンみたいになるので嫌いです。*

パスタは少し硬めアルデンテ程度で引き上げて
先ほどのアサリとスルメが入ったフライパンに入れて具とパスタが絡むまで少しだけ炒め
て出来上がり。

ikawatapasta
味付けは無し!(撮影*Nikon D60)
アサリの塩分とイカワタの自然な味を楽しめるパスタです。

彩りに小さなトマトを添えてみました。
イカワタがレバーのパテのような濃厚な味を醸し出します。
今回はイカを1杯だけ使用していますが、贅沢を言うと2杯入れればよかったと後悔。

*このミニトマトは黄金卵でおなじみの「パラダイスファーム」が有機農法で実験的に
育てた日本の品種です。そのうち販売されるかも?!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。