スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅干し村へ。

チェンライの山の中の梅干し村に行ってきました。
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、大分前に日本のテレビに取材された
ルアムジャイ村です。

夢を壊す様で申し訳ありませんが、ルアムジャイ村にはあのテレビで放映された
ような遠回りでは無くて、普通にスワンナプーム空港から飛行機に乗りチェンライ空港へ。
チェンライ空港からは車に乗って山道を走る事約1時間で到着します。
かなりアッサリです。

06:50の飛行機に乗り08:10に到着。約1時間20分のフライト。
エアアジアで片道1,700bahtでした。
空港の2Fにあるタイ航空直営のレストランで朝食を食べた。

チェンライ、チェンマイと言ったら・・・カオソイ・ガイです。
kaosoi
朝から高カロリーな・・・・
カレー味のスープに、揚げ麺とゆで麺の2種類の麺と鶏のドラムスティックが入っています。

kaosoi3
大抵付いてくる、生エシャロットと高菜漬けのような物を上にのせてマナオを絞って頂きます。

通常ならば、カリカリの揚げ麺と腰のある小麦麺がマッチして美味しいのですが。
うーむ・・・美味しいのですがスープがヌルイ。
人肌程度でしょうか・・・。

ヌルイです。はあ・・・ヌルイなぁ。。。と思いながら完食。

ちなみに、チェンマイではチェンマイ空港の近くのロビンソンデパートの地下にある
ピー・レックのお店のカオソイが辛くて好きです。
バンコクでは、ソイ23のパック・ベーカリーのカオソイがイケますよー。
ケーキ屋?パン屋?ですが、カオソイがかなり本格的だと。。。。


chiengraiair
腹ごしらえの後、空港から外に出てビックリ!?
空港内はエアコンが効いて涼しいと思っていましたが、この時期でも外は意外にヒンヤリ。
チェンライ・・・涼しいです。

さて、車で梅干し村を目指します。
メーチャンの町の少し手前に薬物チェックの検問があります。
ココは殆どスルーです。窓を開けて顔を見せるとイッテヨシ!の合図。

メーチャンの町の手前で左にそれていよいよ山道です。
車のナビを見てみると・・・
navi
22℃!そりゃ涼しいわ。
しかし、このナビ意味あるんでしょうか?
一本道を赤い三角がイライラ棒のように進んでいきます。
注:一本道なので迷いようがありません。

つづく。。。
スポンサーサイト

”Hai” Somtum Convent

土曜日の事です。
久しぶりの土曜日休みなので、ちょっとシーロム方面へバイクで
出かけました。昼近くになり、お腹も空いてきたのでどこかでご飯
を食べよう!

どうせなら美味しい物が食べたい。
滅多に来ないシーロムなので、この辺で何か美味しい物はと考えて
いると奥さんが「"Hai"に行こうよ!」と言う事でその"HAI"に行って
みようと言う事に。

なにやら「ソムタム」が美味しいお店との事。
場所は、ソイ・コンベント。
このソイって、道幅が適度で両側に緑が多く気持ちの良いソイですね。
名前もかっこいいし!(笑)

では、早速お店の面構えを・・・。
misesoto
さすが、ソムタムを売りにしているだけはある。
左側のガラスケースが細く切った青パパイヤでいっぱいになっている。

misenonaka
お昼時なので、店の中は満席でした。

メニューを見てみる。
menu1menu2
画像クリックで大きい画像になりますよ!
メニュー(日本語付)が何となく見えます。値段も何となく見えます。

menutegaki
そして、オーダーはテーブルの上に乗っているメモ紙に鉛筆で書いて店員さんに
渡します。一応タイ語が書けるのでタイ語でオーダーしましたが、英語でもオーダー
できるのかな・・・日本語ではどうなのかな・・・。不明です。
でも、メニューに日本語があるので何とかなるでしょう。
ちなみにメモ紙の裏にはテーブルの番号が書いてありました。

さて、ここからは食べた物をご紹介。

mochigome
カオニヤオ(餅米)です。イサーン料理には餅米でしょう!!絶対に。
粒が綺麗で光っていた。

gaiyan
ガイヤーン(焼き鳥)です。この盛りつけは一応ジャーン・レック(小盛)です。
鳥が凄いジューシーで美味しい! エカマイのサバイチャイ・ケップタワンのガイヤーンも
美味しいと思ったけど、こっちの方がジューシーで旨いです。揚げたタマネギはついてきません。

karaitare
ガイヤーンのタレです。
このタレに、焼き鳥をどっぷり浸して食べます。
見た目は辛そうですが、それほど辛くないブレンドです。
辛いだけというのはよくありますが、ココのはタマリンドをかなり豊富に使っているのか、
甘酸っぱさが効いていて美味しいです。止まらない・・・。
鳥自体も甘めのタレを塗って?漬け込んで?ローストしてますね。

tapwan
タップワーン(レバーの・・・何だろう・・・)
臭みは少ないが、結構こってり感のあるレバーのサラダのような物。
レバーはおそらく豚でしょうね。めちゃウマでした。
タップワーンは意外にどこで食べても美味しい料理ですが、ココのは本当に
臭みが少ない。ネギや香草類の香りと、ゴマが香ばしさを出しています。
味付けはおそらく・・・ナンプラー・マナオ・砂糖・味の素と予想。

namtokmu
ナムトック・ムー(豚肉の・・・なんだろうか・・)
ローストされた脂が結構のっている豚肉を使っている。
その辺で食べるナムトック・ムーより豚肉のスライスが厚めに切ってあって食べ応え十分。
上にのせてあるミントの葉と一緒に頂きます。
通常豚の血を入れて料理するんですが、これはどうでしょうか・・・。
ほんの少し入っている気がする・・・。
イメージ的には、コー・ムー・ヤーンのナムトック味という感じです。
贅沢な一品。

で、メインイベント。

僕用に・・・
somtumthai
ソムタム・タイです。
甘めの味付けで焦がしピーナツが入っているのが特徴です。
ココのは、僕の苦手な生インゲンと個人的に合わないと思っている干しエビの
使用量が少ないのは納得いく。しかし、味付けが濃い。
全体的に、甘さより酸っぱさと塩辛さが勝っている感じ。
ソムタムで有名な割にはイマイチ。

奥さんは・・・
somtumkaikem
ソムタム・カイケム・プララー(少なめ)です。
うーん、何というワイルドなチョイス。
カイケムもプララーもイマイチ好きじゃ無い僕は食べれない組み合わせです。
単体ならご飯と一緒にでも食べられるんですが、ソムタムに入れるのは好きじゃ無いです。

で、いつも好んで食べる食べ方が・・・
mochisomtum
ソムタムの汁に軽く握った餅米を浸して食べる。
これ、最高なんですけど・・・。
ちょっと、しょっぱすぎ。ココの。

と言う事で、ソムタム以外がめちゃめちゃ美味かったんですが・・・。
でも、おすすめです。日曜日は定休日のようです。残念ながら。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。