スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近日入荷。

暑い日が続いておりますね。
でも、すこし朝晩は涼しくなったようにも感じます。

さて、今日は久しぶりに当社の商品を紹介してみようと思います。
ただし、まだ入荷してません。
サンプルを食べてみましたのでそのレビューでも載せてみようかと思います。

物は・・・プーケット産 冷凍キワダ マグロ 赤身柵です。
プーケット産なので、放射能の心配は全くありません。
安心してお召し上がり頂けます。

袋
じゃーん!
こんな感じで真空パックに入っています。
大きさは大体500g位でしょうか。
当社では、-40℃の超低温冷凍庫にて保管をしております。

大きさは・・・・
大きさ
こんな感じです。
冷凍状態では白っぽい感じなのですが、解凍してしばらく経つとしっかりとした「赤」色が
出てきます。解凍は、冷蔵庫の中でジワジワと溶かすのが良いと思います。

袋から出すとこんな感じです。
柵
光量不足で写真がぼけてしまってます。スミマセン。

筋の入り方を考慮しながら、包丁でお刺身用にスライスしていきます。
切り方によっては筋ばっかりになってしまうので、慎重に切ります。
もりつけ
ま、まあまあに切れたのでは無いでしょうか?

別な日に再度チャレンジしてみました。
アップ2
うん、こっちの方が美味しそう。
ヨダレ出てきました。

チョット、アップに・・・。
アップ
うまそーーー!!

醤油
もちろんお醤油わさびで戴きました。

赤身は赤身でしっかりと濃い味です。
身質もしっかりしていて食べ応えがあります。
全く生臭くありません。

でも、500gという量は夫婦2人だと食べきれません。
残った物は、漬けにして翌朝に「づけ丼」で戴きました。
バンコクでこんなに贅沢に赤身が食べられるなんて!!!

近日販売開始です!!
スポンサーサイト

ヤワラート2

昨日の引き続きヤワラートのネタを書きます。
続けてやら無いとまたしばらく更新が滞ったりしますからね。
やらねば。笑

さて、羊の煮込みで「ふぅーん」となった僕らですが、ハシゴする
店が決まりました。

isan
ソイ・テキサスを出てジャルンクルン通りに出ると道の反対側に屋台が集まった
屋台村のような場所があり、その中にそのお店はありました。

yosori
お店の名前は「カオ・カー・ムー・ティサーム」。
カオ・カー・ムーと言えば「豚足」ですね。
ここでは、「カーギ」と呼びます。

ここの豚足、その辺の屋台で見る豚足と大分違います。
アップにしてみると・・・。
tentou
足先がまるまる1本がトロトロに煮込んであります。

プライスリストは・・・
menu
カーギは 1本 45bahtです。

早速注文して待っているとスープが出てきました。
soup
冬瓜のスープです。薄味で冬瓜が柔らかくておいしいです。
軽く塩コショウがしてありました。

kagi
そして、メインのカーギ(豚足)。
もう、トロットロ。
これメチャクチャ美味いです。
臭みはまったく無いし、脂分もすっかり抜けてコラーゲンたっぷり。
味付けはあまり甘くなく、シンプルに醤油で煮込んだ感じです。

konakanji
僕の中で、カオ・カー・ムーBest1に躍り出ました。
プラトゥーナームの、オーバーンティン入りと言われているカオ・カー・ムーも美味いと思いましたが、
これは格が違います。王者の品格です。

ここを知ってしまったので、もう他の店は眼中にありません。
次回から、わざわざここに食べに行くと思います。
いやぁー、本当においしい!!

皆さんに、このおいしさを分けてあげたい。


結局、二人でカーギを2本、白米を2人前、水を1本と氷が2人前で
45+45+10+10+10+2+2=124baht
激安!!!

ヤワラート編は終了です。はやっ!笑

ヤワラート。

うわー、更新サボってました。
いろいろありまして・・・(ボソッ

伊勢丹さんの頑張る日本人フェアにサイトウフーズとしては初のブース
出店をさせて頂きましていろいろと勉強になりました。
伊勢丹で「いつも利用してます。」と暖かい声をかけてくださった皆様!
有難うございました。

と、ご挨拶はこの位に。。。。

今回のタイトルである「ヤワラート」とは。
皆さんご存知ですよね?バンコクの大中華街です。
カオサンや王宮とも近く、観光に是非足を運んで頂きたい場所です。
あの張り出した漢字だらけの看板を見てるとタイとは思えないですよね。

そんなヤワラートにちょいと野暮用があって出かけてきました。
在タイ10年らしくバイクで嫁さんと2人乗りで♪
用を済ませ、帰りがけにせっかく来たんだしと何かおいしいものを食べて
行こうという話しに。

そんな話をしつつ嫁さんがかばんの中からDACOのヤワラート路上屋台特集を引っ張り出した。
赤い表紙黒っぽかったやつです。DACOさん!いつもお世話になってます!!笑

texsas
ソイテキサスの近くにいたのでその周辺で探すことに。

まずは、羊の煮込みがなにやら美味いとか何とか・・・・。
あ、ここだ!!すぐにその店は見つかりました。

羊
店の前には値段が出てました。
おおっ、結構高い・・・。

羊2
店の中にずけずけと入って行き、テーブルに座る。
意外に綺麗にしてる。

羊メニュー
壁のメニューにふと目をやる。
ゼロが1つ多い・・・。

とりあえず、羊の煮込みの一番安いやつ(150baht)を注文した。

羊おわん
お椀とお箸とタレが出てきた。
お椀には何かしみこんでいる・・・・。
タレは、お酢と生姜だと思われる。オレンジ色のお箸がカワイイ。

羊スープ
ハイコレ、これが150bahtの羊の煮込み。
味は思ったよりあっさりで、グレービーソースに浸かっているようなイメージ。
コレをご飯と食べた。
折角だから他の店も梯子しようと決めていた為、ご飯は2人で1膳でセーブ。
お腹を取って置く。

うーん、DACOさんには悪いけど、そんなに感動するほどは美味しくなかった。
まあ、まあって所です。
羊の良さがまったく感じられない料理でした。特有の匂いも皆無。
決して不味くは無いですよ!!

ヤワラート編 つづく。

タイ「すき家」1号店!

さて、今日はタイトル通り「すき家」です。

はい、そうです。
ニュースなどでご存じの方も多いと思いますが、なんと!タイに「すき家」の一号店がオープンです。
で、今日は特別に試食会にお招き頂いたので行ってきましたー!!

suki1
今日は、モニター日と言う事でおなじみの看板がシャッターで見えません。残念。

タイ語の広告を頂きました!!
chirashi


グランドオープンは明日!!5/28です。
場所はシーコンスクエア(シーナカリン通り)の4Fです。
お近くにお住まいの方は是非「日本で一番売れている牛丼」を食べに行ってみてくださいね。

タイでも一時期「牛丼ブーム」がありましたよね。
新聞にも載ったりした「牛野家」
RCAのお店は閉店してしまいました。

近所だったので、ゴルフはやらないくせに牛丼食べにRCAのドライビングレンジまで
行ったりして、でも注文するのは豚カレーだったり・・・。

では、まずはメニューを・・・。
suki2
携帯のカメラが調子悪いので画像が粗い・・・・。
ココで、驚きなのは・・・
牛丼の並が69baht!!って事。約200円!!

さらに、画像が悪くてスミマセン・・・・
よく見えませんが、タイならではのオリジナルメニューが!!!

pakchi
パ、パクチー牛丼。
パクチーが苦手な方は全くダメというチョイス。

更に、もう一品。
pupatpon
プ、プーパッポン牛丼。
カニカレーと牛丼の組み合わせは如何に?

凄い食べてみたいこの2品!!
ココはぐっと堪えて、今日は一番オーソドックスな牛丼(並)は普通すぎるので
キムチ牛丼をチョイス。
*僕の中では「すき家」といえば、キムチ牛丼なんです。

来たー!!
suki4
キムチ牛丼。
このキムチは全てタイで手に入る原料を使用し、すき家の牛丼に合うように
味付けが絶妙にコントロールされた物。酸味が少なく、辛さは殆ど無しで後味が濃い。

牛肉の量はかなり多めで、肉の厚みと脂身の割合は黄金の比率。
さすが日本でNo.1の牛丼やさん。全てが絶妙です。
ご飯は堅めで、腰が有り少しつゆだく気味の盛りつけ。
お肉は少し野性味のある臭いがします。好きです、こういう香り。

suki3
更に、緑茶(コレもタイ産の茶葉だそうです。)とコーンサラダのセットにして
たったの109baht。や、安い。

もちろん
suki6
完食!!!
どんぶりの底にすき家 YOKOHAMAと書いてありました。
浜っ子の僕としても感慨ひとしおでした。

どうですか?日本の物と違いますか?
去年、日本に一時帰国した際に戸越銀座の駅前のすき家に入りました。
普通に美味しかったです。
なんか、タイのすき家の方が美味い気がする。何でだろう・・・。

でも、8月でしたっけ?
吉野家さんもオープンするんですよね。
場所的に、競争にはなりそうにありませんが、タイでもその内に牛丼の値下げ
戦争が始まるかも知れませんね。松屋さんも来ちゃったりして。
すき家さんはこの値段でこのクオリティならタイ人もばっちりウケると思います。

また、行きたい。
他のメニューも食べてみたい!!特にタイオリジナルメニュー。
でも、ちょっと遠いなぁ・・・・。

:追伸
こんなのもあるんですね。
cheese
チーズ牛丼。
とろけるチーズがわんさか載っている牛丼。
うまそう・・・食べたい。..

なんだか、なんでしょう・・・。

今日は不思議な一日でした。
日本から運び屋さんが大トロ、金目鯛、トリ貝を運んできてくれました。
早速この3品はラチャテウィーにある寿司マサというお店に運ばれていきました。

この大トロ最高級品です。
彼らのリクエストで仕入れたんですが、なんと8xxxBaht/kgです。
1kgで2万5千円オーバーの大トロ。昨晩築地で仕入れた物が今朝8時には
サイトウフーズに着いているという・・・なんだか凄い。

仕入れがこの値段なので、店舗ではものすごいつり上がった値段に
なるのでしょう・・・・。恐ろしい。

で、幸運な事にトリ貝のお刺身を1プレートタダで頂いちゃいました。
tori
早速、家に帰って盛りつけてみました。
8枚くらいですね。これで700bahtとかします。
トリ貝って、日本で食べたことあるんでしょうけど、イマイチ印象に残ってないです。
ミル貝とかホッキ貝とかその辺はよく食べるんですけど。

早速、わさび醤油で頂きました。
うーん、甘い。なんだか甘いしか感想無いのかと言われそうですが、
お醤油とわさびをつけても噛んでいると甘くなってきます。
身質は思ったよりコリコリしませんね。

でも、美味しいです。普段は寿司で食べていたと思いますが、お刺身だと
酢飯がない分だけ味がハッキリとわかりますね。美味しいです。

こうなると飲まずには居られませんよね。当然。
芋対
芋大陸を持ち出してきて、コクボのロックアイスと一緒にロックで頂きます。
しばらく飲んで、飽きたので牛乳割りにしました。
牛乳割りは意外といけるんですよね。胃に優しいしマイルドで美味しいです。
最初はエーー!って思いましたけど、美味しいです。お試しあれ。


ふうう・・・と一息ついていると・・・。
滅多に来客の無いウチの玄関のドアからノックの音が。

コンコンコン。
なんだろう。。。。。猫がさーっと寝室の方に逃げていくのを横目に玄関へ向かい
のぞき穴を覗くとそこにはお隣さんが。

めずらしい・・・。

「どもー!こんばんはー!!
            どうしました?」
  と聞くと・・・・。

「いやぁ、余っちゃったんで
        持ってきました。どうぞ食べてください。」

と紙に包んだ物を手渡されました。
お礼を言って、家の中に戻り包みを開けてみると・・・・・なんと!!





マグロ!!
インドマグロでしょうか。
違いました、養殖の本マグロでした。
*卵からの完全養殖を実現した本マグロだそうです。*
maguro1
しかも、こんないっぱい。今日はたまたま一人なんですが、生なので今日中に頂くことに。

さっそく、切ってみました。
marugo2
色の薄い部分は中トロ部分でしょうか?なんとなく色の変化の境目で2つに切ってから
お刺身で食べやすい大きさに切ってみました。
左側が中トロで、右側が赤身になりました。

なんともラッキー!
家で一人で飲んでいたらマグロが勝手にやってきた。
結局30分くらいかけて完食。

結論から言うと、冷凍と生だったらやっぱり生が断然うまいですね。
肉質のきめ細かさが全く違いますね。冷凍はざらざらする感じ。
そして、中トロももちろん美味しいのですが、赤身はとっても味があって美味しいですね。
なんと言うかなぁ、、、生臭さは殆ど無いのに味が濃い感じ。
食感もしっとりしていて赤身の方が美味しかった気がします。
この写真でいうと右上の2枚が一番美味しかったかも。

なんたる贅沢。
最近、美味しいものばかり食べています。
すみません。

目指せ!
バンコクで一番豪華な食卓!!笑
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。